なんでもドローン? (ルールとマナー)

どうも、ふらいとりんぐ です

 

最近よく聞かれることが、ラジコンとドローンって何がちがうの?

ドローンはゴーグルみたいのつけて飛ばすのがいいよね!?

 

国土交通省 航空局の定める定義

無人航空機とは

「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であっ

て、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義さ

れており、いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用

ヘリコプター等が該当します

 

ニュースやあちこちで使われるドローン=無人航空機といった解釈が

なんでもドローンに繋がってしまってます


一般的なドローンは回転翼航空機のことでラジコン飛行機とは別物

また、200g未満であれば「模型航空機」といった扱いになります

 

ドローンをゴーグルで屋外で飛ばすことは、基本的にアウト

ドローンを飛行させる場合には目視飛行(自分の目で視認する)が原則

ドローンレースなどはゴーグルを使用して飛ばしますが、屋内での飛行や

ネットなどで囲われた空間での運用なので、問題がないだけ

 

商品は誰でも購入出来てしまうので、購入してから知らないでやってました

などという言い訳は通用しないんです

 

空を飛行させる=落下する  のは当たりまえ

 

最低限の知識とマナーそしてルールを守れない人が扱うべきではないんです

業界を活性化させるために、どこでも販売するのは入手しやすさを求める為に

必要だとは思います

ただし、ルールやマナーを守ることが大前提

 

また、航空局に飛行申請を出して、許可をもらったからどこでも飛ばせる

のではなく、その航空局のマニュアルを使用した申請の場合は

かなり制限がかけられていることも、学ぶべき

 

風速も5m/s以下だったり、学校や病院の上空は飛ばせないなどの

ルールがあるのも知らずに飛ばしてる方も多いのが現状

 

最近ニュースで話題の あおり運転をするな

これも正しい意見ではありますが、追い越し車線を他の車線と同じ速度で

走って迷惑をかけてる人は、自分は正しいと思っていて

あおってくる人が悪い

 

これって違いますよね? 

追い越したら、走行車線に戻る、速い車が来たら避ける

乗り物も生活も全て最低限のルールとマナーが重要

 

人のコミュニケーションも、ドローンの扱いも、車の運転も一緒

自分本位の考え方や、視点しか持たないから、自分勝手な解釈で行動する

から、お互いの意見がすれ違い争いやトラブルが起きる

 

ドローンの罰則も50万以下の罰金が課せられます

を5000万以下の罰金と懲役〇年の実刑が課せられます位にして

もっとルールを重視した運用が必要になることと、運用を守っている人には

飛行させやすい環境づくりが大切だと思います

#トラストコーチングスクール 認定コーチ

#PAA認定パートナーシップコーチ

#ふらいとりんぐ

#flightring

#ねりま塾

#DJIスペシャリスト

#SUSC無人航空機操縦士1級 

#ドローン操縦士

#ドローン空撮

#練馬区のドローン空撮業者

あなたの景色を、もっと自由に。

copy by junki mukae Coach 一期一会 人との関わりを大切にし、 信頼のコミュニケーションを築き、 クライアント様の進みたい道を 全力で応援サポートします。 ペアレンツ(親子関係)、パートナーシップ の相談も、お待ちしてます。     Reflection カメラマン(空撮等)として 癒しや感動される景色の 写真・動画を撮影。 あり方や心の反射、反映を提供。

0コメント

  • 1000 / 1000