気温が下がって困ること

どうも、ふらいとりんぐ です

 

コーチとしての仕事はそれほど困ることはないのですが

ドローンの撮影は、今までと同じままで。。。


ってわけにはいかないんです

 

まず車での移動ですと

夏タイヤのままだと、ちょっとでも山に近いエリアに

行ったときに積雪があると立ち往生しちゃいますので、

スタッドレスタイヤは必須

 

今年は暖冬とのことで油断してましたが、そろそろ

交換しておかないと、いざって時に困るので

先程、交換作業をしてました

 

次にドローンですが、バッテリーの温度が15度以下

だと制御が入ります

その為、あらかじめ温めておかないと、

「さぁ、飛ばすぞ!」

となった時に、飛行出来ないことも・・・

 

夏はモニターに、冬はバッテリーに注意が必要です

また、0度以下になってしまうと、機体側でも

問題が発生するかもしれないため、基本的には

飛行させません

 

そのような状況でも飛ばすときは、機体も温め

かつテスト飛行を何度か試した後でないと

難しいかもしれません

 

そんなマメ知識も持たずに飛行させると、「墜落」

という結果がもれなくついてきます

飛ばしてる操縦士の手も寒さで微調整が厳しくも

あるので、不具合は起きてしまう

  

最近朝のフライトトレーニングをさぼり気味なので

フライトシミュレーターで練習してみました

 

リアリティーはないですが、お試しにはいいかも

しれませんね

 

さてここから1時間は人間のトレーニング!

怠けると後が辛いので頑張ろう・・・


#トラストコーチングスクール 認定コーチ

#PAA認定パートナーシップコーチ

#ふらいとりんぐ

#flightring

#ねりま塾

#DJIスペシャリスト

#SUSC無人航空機操縦士1級 

#ドローン操縦士

#ドローン空撮

#練馬区のドローン空撮業者

あなたの景色を、もっと自由に。

copy by junki mukae Coach 一期一会 人との関わりを大切にし、 信頼のコミュニケーションを築き、 クライアント様の進みたい道を 全力で応援サポートします。 ペアレンツ(親子関係)、パートナーシップ の相談も、お待ちしてます。     Reflection カメラマン(空撮等)として 癒しや感動される景色の 写真・動画を撮影。 あり方や心の反射、反映を提供。

0コメント

  • 1000 / 1000