残念な上司。


「あんな上司だと残念だよね」

 

どんな上司だったかというと、

ある6人のチームが仕事で作業を進めていたのですが、

上手く進まなかったんですね。

その理由としては、1人はまだ仕事し始めて3日目。

2人はフレックスタイムで1時間遅れてスタート。

 

上司はさらに2時間後に来たわけですが、

その状況を理解せず、現場を見てひとこと


「なんで、6人もいて出来ないんだ?」と

 

ちなみに、ベテランの一人は6人いるからと、もっと遅れている

別のチームのサポートに途中抜けている。

 

例えばその現場の状況を見て、

「何か問題でもあった?」

「この人数では難しい?」

「やり方を考えてみようか?」

など、その他の状況や裏側にある背景に、ちょっと想いを巡らせる

ことが出来れば、話された部下も上司に対して素直に話せるかもしれない。


状況を把握しようとせずに、見た目の結果、数字にこだわってしまうと

途中にあった、重要なプロセスであったり、事故やトラブルが

まったく見えなくなってしまうのです。

 

皆さんの周りにはそういった、上司や仲間はいませんか?

 

ほんのちょっとの気配りや、視点を増やすことで見える。

そんなことが、出来るのがコミュニケーションであり、

そういった視点を増やすのがコーチング。

 

すべての人にコーチの視点を。


あなたの景色を、もっと自由に。

copy by junki mukae Coach 一期一会 人との関わりを大切にし、 信頼のコミュニケーションを築き、 クライアント様の進みたい道を 全力で応援サポートします。 ペアレンツ(親子関係)、パートナーシップ の相談も、お待ちしてます。     Reflection カメラマン(空撮含む)として 癒しや感動される景色の 写真・動画を撮影。 あり方や心の反射、反映を提供。

0コメント

  • 1000 / 1000